「飲食店」タグの記事一覧

お通しは英語で?外国人客とのトラブルを避ける簡単英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
ビールと料理

飲食店の「お通し」を英語でどう外国人に説明するかについてお話しします。お通しのシステムは、日本人にも分かりにくいのに、外国人に理解しろという方が無理かもしれません。できるだけ外国人に理解しやすい言い回しにしましたので、ぜひ活用して下さい。

「おかわりはいかがですか」の接客英語13選!大食漢でもこれで満足

飲食店で使える接客英語
「おかわりはいかがですか」は英語で

飲食店で「おかわりはいかがですか」と言う接客英語フレーズなど13個紹介します。外国人は日本人よりたくさん飲食するので、飲み物やパン・ライスのおかわりをおすすめすると喜ばれます。特におかわり無料の場合は、遠慮なくおすすめしたいですね。

お待たせしました!レストランで料理を出すときの英語フレーズ8選

飲食店で使える接客英語
「お待たせしました」は英語で?

レストランで料理を出すときに、英語で「お待たせしました」はどう言えばいいでしょうか?飲食店で接客するときの英語表現には、お決まりパターンがあるので、一度覚えてしまえば同じフレーズをを繰り返し使うことができます。そこで、飲食店で料理を出すときの接客英語表現を紹介します。

レストラン・飲食店が満席!30分後に来てもらう接客英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
レストランが満席、後で来てもらうための接客英語フレーズ

レストランや居酒屋などの飲食店で、せっかく外国人のお客様が来てくださったのに満席のためにお断りしなければいけないのは、とても残念ですよね。そこで今回は、外国人客に満席であることを伝えながら、後で出直してもらうための接客英語フレーズを紹介します。

レストランで子供用の椅子を英語でおすすめするには?

飲食店で使える接客英語
レストランで子供用の椅子をおすすめする接客英語フレーズ

子供連れのお客様がレストランに来られたときは、子供用の椅子をおすすめしたいものです。「子供用の椅子を貸してください」って日本語で言えないから、大人用の椅子に子供を座らせているお客様もいるからです。お客様が何も言わないから放っておくのではなく、あなたから「子供用の椅子はご入り用ですか?」と聞いてみましょう。

レストランや居酒屋で「2時間制」ということを伝える接客英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
レストランの英会話:2時間制です

レストランや居酒屋などの飲食店では、お客様が多いときには滞在できる時間が2時間くらいに制限されることがありますよね。来店時にそのことを伝えておけばいいのですが、英語が苦手だからって伝えておかなければ、後でトラブルになりかねません。そこで「2時間制」ということを伝える接客英語フレーズを紹介します。

タバコを吸うかどうかを確認して、禁煙席/喫煙席に案内する英会話フレーズ

飲食店で使える接客英語
「タバコを吸われますか」は英語で?

一昔前には、レストランや喫茶店は、どこでも喫煙してもいいというのが普通でした。でも今は、店全体が禁煙だったり、喫煙席と禁煙席が分けられていることがよくあります。もし、あなたが働いているレストランに喫煙席があるのなら、テーブルに案内するときに「タバコを吸われますか?」と一言確認した方がいいですね。

ページの先頭へ