「いろいろなお店で使える接客英語」の記事一覧(2 / 4ページ)

手荷物の一時お預かりサービスをおすすめする接客英語フレーズ

いろいろなお店で使える接客英語
一時的に荷物を預かる

デパートなどで買い物をしているとき手荷物が多いと、疲れてしまって「もう帰ろう」と思いますよね。そうなるとお店としては機会損失になるので、「荷物をお預かりしましょうか?」と確認する接客英語フレーズを紹介します。お客様に思い切り買い物を楽しんでいただき売り上げアップにつなげてください。

ポイントカードを作るときに暗証番号を書いてもらう英語フレーズは?

いろいろなお店で使える接客英語
ポイントカードの暗証番号

ポイントカードの申し込み用紙に暗証番号を記入してもらうときの英語フレーズを紹介します。ポイントカードは、リピーターになってもらう戦略として効果的です。日本に住んでいる外国人にも、ぜひポイントカードを渡してリピーターになってもらいたいですね。

要注意!「ごゆっくりどうぞ」は英語で?間違えやすい基本フレーズ2点

いろいろなお店で使える接客英語
「ごゆっくりどうぞ」は英語でどう言うの?

接客のときに「ごゆっくりどうぞ」は英語でどう言えばいいかについてお話しします。「のんびりとお楽しみください」と言うときと、「急がなくてもいいですよ」と言うときでは別の英語表現があります。短い英語フレーズなので、しっかり覚えて間違えないように使いましょう。

接客業で「いかがですか?」と確認するための簡単英語フレーズ5選

いろいろなお店で使える接客英語
いかがですかは英語で

接客業をしていると「~はいかがですか?」とお客様に聞くことが頻繁にありますよね。「飲み物はいかがですか?」、「おかわりはいかがですか?」、「こちらの色はいかがですか?」など、とにかくよく使います。そこで今回、接客英語.comでは、接客の現場で「~はいかがですか?」をどのように英語で言えばいいかをお話しします。

バイト敬語はお店の品位を下げる?英語ではどうなの?

いろいろなお店で使える接客英語

ファストフード店などに行くと「~でよろしかったでしょうか?」のようなバイト敬語をよく聞きますよね。正しくは「~でよろしいですか?」なのですが、バイト店員の間では独特のバイト敬語表現が広まっているようです。それでは、英語にもバイト敬語はあるのでしょうか?

「足下の段差に注意してください」と注意を促す接客英語フレーズは?

いろいろなお店で使える接客英語
足下の段差に注意

レストラン、ホテル、旅館、商店などで、お客様が歩かれる場所は、できるだけ床が平らで段差などがないことが好ましいですよね。でも建物の構造上、どうしても段差ができてしまう場合もあります。注意を促す張り紙を張るなどすることもできますが、お客様を案内するときに一言「足下の段差に注意してください」と英語で言いたいものですね。

ページの先頭へ