「飲食店で使える接客英語」の記事一覧(2 / 4ページ)

楽しさ10倍!レストランでお客様に『レッツゴー』と叫んでもらう接客英語

飲食店で使える接客英語
お客様もご一緒にどうぞ

お客様参加型のサービスを提供している人にとって、日本語を理解できない外国人客は悩みの種ですよね。サービスについて理解してもらわなければ盛り上がらないし、英語で説明するのは難しいし・・・というか無理!そこで今日は、お客様参加型のサービスを提供している読者さんから届いた、「これって英語でどう言えばいいの?」という質問にお答えします。

外国人客も納得「お下げしてよろしいですか?」を英語で聞く7つの方法

飲食店で使える接客英語
「お下げしてよろしいですか」は英語で?

レストランで、空いた皿がテーブルに残されていると、他の料理を食べるのにじゃまになります。また、「ウェイター/ウェイトレスの気配りができていないなあ。」と思うこともあります。そこで、飲食店で働いていて、お客様のテーブルに空いた皿があるときに、「このお皿をお下げしてよろしいですか?」と確認する接客英語を紹介します。

お待たせしました!レストランで料理を出すときの英語フレーズ8選

飲食店で使える接客英語
「お待たせしました」は英語で?

レストランで料理を出すときに、英語で「お待たせしました」はどう言えばいいでしょうか?飲食店で接客するときの英語表現には、お決まりパターンがあるので、一度覚えてしまえば同じフレーズをを繰り返し使うことができます。そこで、飲食店で料理を出すときの接客英語表現を紹介します。

居酒屋・飲食店でお酒を提供するときに年齢確認する接客英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
居酒屋・レストランでアルコールを出すときに年齢確認する接客英語

日本ではお酒は二十歳にならなければ飲めませんが、海外には16歳でお酒を飲むことが許されている国もあります。そういった未成年が、日本の法律を知らずに居酒屋やレストランでお酒を注文することもあります。もしお客様が若く見えるときは、接客英語を使って年齢確認しましょう。

レストランの英会話|注文を取る接客英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
レストランで注文をとる接客英語フレーズ

レストランで注文を取るときに役に立つ接客英語フレーズを22個まとめて紹介します。英語での接客は、慣れるまでは緊張するかもしれません。でも、お決まり接客英語フレーズを覚えておいたら、たいていのことは英語で表現できます。このページで紹介している接客英語フレーズを覚え、「いざ!」というときに外国人客を相手に試してください。

レストラン・飲食店が満席!30分後に来てもらう接客英語フレーズ

飲食店で使える接客英語
レストランが満席、後で来てもらうための接客英語フレーズ

レストランや居酒屋などの飲食店で、せっかく外国人のお客様が来てくださったのに満席のためにお断りしなければいけないのは、とても残念ですよね。そこで今回は、外国人客に満席であることを伝えながら、後で出直してもらうための接客英語フレーズを紹介します。

居酒屋で「飲み放題」を説明する接客英語は?

飲食店で使える接客英語
飲み放題の接客英語

「飲み放題」について、レストランや居酒屋などの飲食店で働く方から、接客のときに英語でどのように説明すればいいか問い合わせをたくさんいただいています。「飲み放題」は、飲食店・レストランを経営する人たちにとって、英語での説明が面倒でやっかいなシステムのようですね。今回は、居酒屋さんからリクエストがあった説明文を接客英語でそのまま紹介します。

ページの先頭へ